なぜなら、十分な葉酸を摂る事で胎児の神経管閉鎖障害発症のリスクを下げる効果があるからです。
サプリメントによる補給もおススメですが、赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。ですから天然素材の葉酸サプリメントにすることがポイントです。

妊娠を考えるようになって、葉酸がとても大切だという事に気付かされています。
今、私は妊活中なのですが、この時から適切な葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しているって読んでいる雑誌で特集が組まれていました。葉酸は、妊娠中に摂るものかと思っていたのですが、どうやら受胎した時から最も重要な栄養素のひとつだそうで、一般的に妊娠に気付く以前から必要なもののようです。
ビタミンBのひとつなので、野菜や果物などにも含まれているようですが、私は普段の生活では野菜をあまり食べていないので、そういう場合は葉酸サプリにサポートしてもらうのも良い、とも書いてありました。
葉酸サプリは色々な会社が出しているのですが、赤ちゃんと身体のことを考えて、安全性が高く、安心して飲めるものを探して妊活を続けていきたいと思っています。
葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。その効果は日本の行政機関である厚生労働省も妊娠を希望する女性や妊娠初期の女性に、積極的な摂取を推奨しているほどなのです。それでは、摂れば摂るほど効果が高まるのでしょうか?
葉酸は水溶性のため、余分な葉酸は尿などに混じって排出されています。ですから、体内に蓄積するということはありません。ということは、葉酸不足を避けるために、推奨される量以上の葉酸を摂っても平気なのでしょうか。
実際には、そういう訳では無く、葉酸を過剰に摂取すると副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性があるそうです。
葉酸サプリは簡単に葉酸の摂取が出来る妊婦の心強い味方ですが、過剰摂取に注意して、提示されている規定量を超えないように気を付けてください。
葉酸が多く含まれている野菜についてですが、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といったいわゆる青菜のものが多いです。
妊娠後、早めにこうした食材を食べるようにしましょう

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です